就職活動をしている学生の方は、就活名刺を準備しようかどうか迷っていませんか?用意せずに活動していて、もしも活用できる機会に恵まれたとしたら…もったいないですよね。この記事では、就活名刺についての活用の仕方などをご紹介していきます。

就活名刺は、大学の生協で校章入りの名刺を作成できるほどメジャーなものになってきました。関連サイト-名刺 作成|デザイン名刺.net

就職活動をしている学生が持ち歩くのは珍しいことではありません。ただ、学生が気合を入れて用意をしたものであるにも関わらず、大きな効果や反響がないのも事実です。

学生側としては、会社説明会やインターンに参加している時などに採用担当者との名刺交換をしたいのが本音でしょう。

他の学生との公平さを維持するために簡単に出来ることではないようです。

しかし、企業の方針などによっても状況は違うようです。担当者との名刺交換やインターン時の名刺活用などができる場合もあることがありますので、就活名刺の準備をしておくことに損はないのではないでしょうか。そして、就活名刺に記載しておくべきことは限られています。

あまり沢山の情報を載せる必要はありません。氏名と大学(住所)の学部など、メールやTELの連絡先記載しておけばOKです。サークル活動やSNSの情報は、印象を悪くしがちな情報が入りやすくなるので記載しないほうが無難でしょう。

就活名刺の作成には、厚地の紙を使用します。存在感のあるものを選んでください。また、名刺入れを用意して大切に扱うことも重要です。ビジネスマナーが身に付く良いチャンスですので、振る舞いにも気を配ります。

このように、就活名刺は、「準備をすれば安心」といったように活用していくと適度に使いこなせることができます。この記事が、就職活動の一助になれば幸いです。

使うシーン