未分類

マナーを守る

学生の間で広まりつつある就活名刺ですが、作成するときにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。ポイントをずらしてしまうと、せっかく作成した就活名刺が、マイナス要素に働いてしまうことがありますので、就活名刺を利用する際に気をつけるべきことを挙げていきます。

名刺入れインターンや会社説明会で、企業側の担当者と名刺を交換できれば、その後の就職活動がスムーズにいく期待が持てます。連絡先を知り、お礼の挨拶などが出来るからです。企業側としては、他の学生との公平さをキープするために学生との名刺交換に応じなてもらえない場合もあるので、慎重に行動することが大切になります。お店で頼む場合は、そのガイドに従えばいいですが、まず紙の質にこだわりましょう。

名刺は厚地の紙質が向いています。そして、サークル活動などの軽い印象のある役職は記載しないほうがいいでしょう。氏名・大学・学部、学科・メールアドレス・電話番号・大学住所だけを記載します。SNSなどの余計な情報は必要ありません。名刺入れも用意して、相手の名刺は大切に扱うようにすることも大切です。就活名刺を作成することは、マナーとタイミングを守れることでプラス面の要素の方を大きくすることができますね。


関連記事