Browse Category by 未分類
未分類

使うシーン

大学の生協で、その大学の校章が入った就活名刺を作成できるところが増えています。就職活動をするのに、就活名刺を作成するのは有利なのかどうか気になります。

実際のところは、持っていたからといって有利に働くことはないようです。それは、他の学生と公平であるべきなので、名刺交換には応じられないという企業の姿勢にも関係します。でも、就活名刺を準備しておけば、役に立つこともあります。不意に訪れる名刺交換のチャンスを逃さないためにも作成だけはしておいたほうが良いでしょう

名刺交換就活名刺が役に立つシーンは、インターンで活動しているときではないでしょうか。インターン学生の名前を呼ぶ際に、いちいち履歴書を確認している企業担当者もいますので、就活名刺があれば便利だという話も聞かれます。就活名刺は、企業の方へだけではなく、ライバルとして頑張る就活生との名刺交換にも役立ちます。横の繋がりを形成するのに一役買っています。連絡先を交換しておけば、情報交換ができます。友だちとはちょっと違う「就活仲間」としてお付き合いの幅が広がります。このように、色々な使い方のできる就活名刺を準備してみてはいかがでしょうか。備えてあれば、いざという時に慌てずに済みますよ。


関連記事


未分類

マナーを守る

学生の間で広まりつつある就活名刺ですが、作成するときにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。ポイントをずらしてしまうと、せっかく作成した就活名刺が、マイナス要素に働いてしまうことがありますので、就活名刺を利用する際に気をつけるべきことを挙げていきます。

名刺入れインターンや会社説明会で、企業側の担当者と名刺を交換できれば、その後の就職活動がスムーズにいく期待が持てます。連絡先を知り、お礼の挨拶などが出来るからです。企業側としては、他の学生との公平さをキープするために学生との名刺交換に応じなてもらえない場合もあるので、慎重に行動することが大切になります。お店で頼む場合は、そのガイドに従えばいいですが、まず紙の質にこだわりましょう。

名刺は厚地の紙質が向いています。そして、サークル活動などの軽い印象のある役職は記載しないほうがいいでしょう。氏名・大学・学部、学科・メールアドレス・電話番号・大学住所だけを記載します。SNSなどの余計な情報は必要ありません。名刺入れも用意して、相手の名刺は大切に扱うようにすることも大切です。就活名刺を作成することは、マナーとタイミングを守れることでプラス面の要素の方を大きくすることができますね。


関連記事


未分類

作成は必要か

就職活動をする際に作成するかどうかを悩むのが、「就活名刺」。周りの学生が名刺を活用して挨拶をする姿を見ると、置いていかれたような気分になりませんか。就活名刺を作成する方がとても増えています。

作成しかし、就活名刺は必ずしも必要であるとは言えません。企業の採用担当者からは、学生に名刺は必要ないという声が多く聞かれます。それは、学生同士の公平さを保つために、特定の学生だけと名刺を交換できないという企業側の事情があるからです。大学によっては、就活名刺の作成を推奨しているところもあるくらいですので、使い方によってはメリットがあるはずです。また、最近では就活名刺が作れる「デザイン名刺.net」のような名刺作成サイトも登場してきています。

例えば、すでに社会的な活動をしていて、名刺を使用する機会や経験がある場合には、今の社会的な立場をアピールするために名刺を交換するように促すことも可能でしょう。その場合、サークル活動などのアピールとなるようなもの、肩書きにプロモーターなどのカタカナ表記があるものは、真面目な印象が得られにくいので控えたほうが無難です。あくまでも、何かボランティアやNGOでの活動、学生起業のような社会で認められやすい活動がある場合には良いのではないでしょうか。そして、就活名刺を利用する場合にも節度ある行動が大切で、過剰なアピールはマイナスに働いてしまうこともありますので注意が必要です。


関連記事